女性で働くには育休のある正社員がおすすめ

 現在日本の社会においては高齢化が継続的に進行しており、家庭や介護施設での介護を必要としている高齢者が増加している傾向にあります。
そのため介護業界では介護士の需要が大幅に拡大しており深刻な人手不足となっています。
こういった理由から派遣社員やアルバイトといった非正規雇用でも高い時給で働けるほか、非正規雇用はその雇用形態から残業をする必要が無いため多くの女性が非正規雇用の介護士として介護業界では勤務している現状があります。

 このように聞くと非正規雇用で働くことにメリットが大きいように思えるでしょうが、正社員の介護士として勤務することにも多くのメリットは存在しており,その中の一つとして産休・育休の制度があります。
この制度は正社員として介護施設などに勤務すると会社の福利厚生を利用することができるのですが、その中の一つとして基本的に利用できます。
産休・育休の制度の特徴は、長期休暇を取っている間にも最低限の給料を受け取る事ができるため、子育てのための休暇中にも無給状態とならず家庭への負担がかかりにくいといったメリットがあります。
この制度は派遣社員やアルバイトといった非正規雇用で勤務した場合、その雇用形態が災いし利用することが基本的にはできません。
そのため非正規雇用として勤務していた場合には子育て休暇中は実質無給状態となるため家庭への負担がかかります。

 こういった理由から将来子供を作りたいと思っている女性には正社員として勤務するほうがメリットは大きいといえるかもしれませんね。