育休が使いづらいと感じているなら

 子供が生まれても、育休を取得しようとしない人が増えてきています。
特に一般の会社なら、なかなか育休の申請ができなくても不思議はありません。
育児休業に入ると、他の社員たちとの差が開いてしまうからです。
それまで積み上げてきたキャリアがストップしてしまって、ブランクが生まれてしまいます。
長ければ一年以上も休めるのが育児休業のいいところではありますが、それだけ長く休んでいれば職場復帰をしたときに以前と同じように働けなくなるのは当然のことです。
休業をしたせいで職場に居づらくなって転職ということもありえます。

こうした問題は、自分ではどうすることもできませんよね。
業界や職場の文化と言ってもいいものなので、これを変更するのは並大抵のことではありません。
いっその事、育児休業が取りやすい業界に転職をするというのはありかもしれませんね。

たとえば介護業界なら、育児休業は非常に取りやすくなっています。
なぜなら、介護業界は女性率が非常に高い場所だからです。施設によってはほとんどが女性というところもあります。
そうした場所でなら、育児に関しての意識が高まっています。
仕事よりも育児を優先すべきだという風に考えている人が多いので、白い目で見られることはほとんどありません。
職場も同僚も理解してくれますし、復帰後も仕事の内容が変わることはありません。
スムーズに以前と同じ状態を回復できることでしょう。
介護業界は、働く女性にとっては最高の環境が整っています。